2015年12月09日

冬の乾燥肌対策に入浴時の塩素除去

乾燥肌が悪化しやすい冬は、入浴後の肌乾燥がつらいですね。入浴後の肌に優しく適切なスキンケアはもちろんですが、入浴そのものが肌乾燥の原因でもあります。でもお風呂に入らないというわけにもいきません。

入浴後は、肌に付いた水分が乾くときに肌を乾燥させるのと、お風呂のお湯を水道水そのままで使っていることで水道水の塩素が肌を傷つけ乾燥しやすくなるのです。


水分が乾くときの乾燥はスキンケアで防げます。お風呂のお湯をミネラルウォーターというわけにもいきませんので、入浴時の塩素対応策としては何かしらの入浴剤を入れることが手軽な方法です。水道水の塩素は塩素のものではなく、塩素が肌を傷つける状態になっているのが問題なので、何かしらの入浴剤を入れれば塩素は大人しくなり肌を傷つけることはなくなります。

その入浴剤も着色料や保存料がたくさん配合されているような製品だとかえって肌に負担となるので、着色料は最低限で保存料は無添加などできるだけ低刺激なものがよいでしょう。

低刺激入浴剤





natural_web at 18:31│ 商品情報 | 今おすすめの商品